卒業生の声
VOICE OF GRADUATES

令和2年度 卒業生からのメッセージ

普通科
鴨田 羽叶さん

琉球大学
国際地域創造学部

普通科特別進学コース
鴨田 羽叶さん

(唐瀬原中学校出身)

3年間の学校生活は本当に楽しかったです。ウルスラならではの充実した行事で友人と笑い合ったり、信頼できる熱心な先生方のおかげで、第一志望の進路も実現することができました。ウルスラ学園は、勉学はもちろんのこと、人としての豊かさを育んでもらえる場だと思います。このような温かい環境が自分の成長や進路実現の助けとなりました。ぜひとも多くの方々にウルスラでの学びを体験していただきたいです。

入山 優生さん

大東文化大学
文学部 書道学科

普通科特別進学コース
入山 優生さん

(恒富中学校出身)

私は中学生の頃から書道の学べる大学に行きたいと決めていました。先生方は、受験に備えて色々な書道展に出品したいと言った私のために、書道同好会を創部し、練習する場所も確保してくださいました。実技と学力の両立、コロナ禍の中での受験は苦しかったですが、夏季補習や年末年始の勉強会、日々の学校生活など先生方に様々な面からサポートしていただき、合格することができました。特進コースでの学びは自分自身を成長させてくれる3年間でした。

伊達 加真さん

宮崎大学
地域資源創成学部

普通科特別進学コース
伊達 加真さん

(財光寺中学校出身)

私は、高校一年生の頃から宮崎大学に進学することを目標に勉強してきました。ウルスラの先生方は教え方が丁寧で分かりやすく、分からないところは分かるようになるまで教えてくださいます。また、受験対策も丁寧にしてくださり、面接や小論文の練習に行けば行くほど、成長を実感できました。先生方の指導のおかげで、私は見事、宮崎大学に進学することができました。引っ込み思案な私に明るく声をかけてくれたクラスメイトも、ウルスラでの生活で得られたものです。男女関係なく仲が良く、楽しいことは共有し、辛いときには共に支え合える関係でした。私は、クラスメイトと共に大学合格というひとつの目標に向かえたウルスラの環境に感謝しています。

東保 芽依さん

島根大学総合理工学部
建築デザイン学科

普通科総合コース
東保 芽依さん

(大分県 北中学校出身)

私は、分からない問題があった時、先生に進んで質問することが苦手でした。しかし、特進クラスで勉強していくうちに、分からないところは聞く、というのが当たり前になっていきました。受験期には、提出書類の添削や、面接指導など、多くの先生方が指導してくださり、苦手分野を克服する事ができましたし、精神的にも支えていただきました。そのおかげで最後まで諦めず、志望した大学に合格することができました。勉強が嫌になるときもありましたが、それでも先生方の応援を感じたり、クラスの仲間の頑張る姿に励まされたり、もっと頑張ろうと思える環境でした。勉強、部活、寮生活などウルスラでの経験が自分を強く成長させてくれました。ウルスラでの3年間、本当に充実した日々を送れたことに感謝しています。

赤木 駿介さん

南山大学 経済学部

普通科総合コース
赤木 駿介さん

(北川中学校出身)

私が聖心ウルスラ学園に入学した理由は、ウルスラで甲子園出場を果たした兄の姿に憧れたからです。入学後は、野球部に所属し、野球の技術だけでなく、精神力を高めました。高校二年からは四年制大学進学コースを選択し、勉強と部活の両立を図りました。学校生活では、生徒会長や体育祭団長を務めたことでリーダーシップやコミュニケーション能力を身につけることができました。受験の際には、小論文、面接の個別指導を早期からしていただき、第一志望校に合格することができました。 ウルスラで過ごした3年間は、最高の仲間といつも温かく指導してくださる先生方に出会え、私の人生にとってかけがえのない財産となったと確信しています。

中田 早統さん

旭化成株式会社 延岡支社

普通科総合コース
中田 早統さん

(南郷中学校出身)

私は、普通科総合コースに入学しました。そして、2年生の時の進路選択でビジネスコースに進みました。 初めは、部活動と勉強の両立ができるか少し心配でしたが、各教科担当の先生や、担任の先生の指導があり、第一志望の就職先に合格することができました。進路選択や、様々な行事を生徒主体に考え、学力だけでなく、積極性や自立性など、社会に出る上で必要なことを身につけることができました。学校生活や部活動を通して様々なことを経験し、成長できる3年間になると思います。 ぜひ、ウルスラ学園で厳しく楽しい学校生活を送ってみてください。

松下 颯汰さん

陸上自衛隊一般曹候補生

松下 颯汰さん

(延岡中学校出身)

私がウルスラを選んだ理由のひとつに甲子園出場という夢が叶う学校だと思ったからです。実現することはできませんでしたが、ひとつの目標に向かって気持ちを一つに毎日練習に励んだことを思い出します。学校生活では、特にクリスマスの集いが1番楽しかったです。全校生徒の前で歌ったり踊ったりして盛り上がったのを今でもしっかりと覚えています。 目標がある人もない人も、ウルスラは自らを鍛え、頑張れる環境が整っています。卒業生としてみなさんの活躍を期待しています。

看護科
永田 唯衣さん

永田 唯衣さん

(門川中学校出身)

県北で唯一の五年一貫校であり、最短ルートで看護師の資格を取得できるという点に惹かれ、ウルスラ学園への進学を決めました。ウルスラでの5年間は決して楽な道のりではなく、時には劣等感を抱いたり挫折しそうになったりしたこともありましたが、同じ悩みを共有する仲間の存在、いつも親身に寄り添ってくださる先生方など多くの方の支えがあり乗り越えられたと思います。看護師として必要な知識・技術だけでなく、倫理観や看護観など多くの学びが自分の成長の糧となり、自信にも繋がりました。看護師となった今でも、ウルスラで学んだすべてのことが着実に身についていると感じています。看護師の仕事は責任が重く大変なことばかりですが、毎日新しい発見があり、とてもやりがいのある仕事です。看護師を目指している皆さん、ぜひウルスラ学園で夢をかなえてみませんか。

本間 魁渡さん

本間 魁渡さん

(土々呂中学校出身)

ウルスラ学園では多くの学校行事を楽しみながら、看護の勉強を行うことができます。文化祭やクリスマスの集いはもちろん、看護科の5学年交流や勉強合宿があり、専攻科に進級すれば研修旅行、他の看護学校との交流など、5年間を通して楽しく看護師への道を歩むことができました。そして患者様の思いに応えるための心・知識・技術は臨地実習や、校内の整った設備で丁寧に学ぶことができました。患者様に「ありがとう」と言われた時のうれしさや、無限に広がる看護の可能性をウルスラ学園でぜひ体験してみてください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ